【動画】ヘンクvsアントワープ(第5節,9/22)で伊東・三好が先発し、ゴール・アシストを記録

9/22ベルギーリーグ第5節で伊東選手所属のヘンクと三好選手所属のアントワープが対決し、アントワープが4-2の乱打戦を制しました。

試合展開と両名の活躍を紹介します。

Embed from Getty Images

【試合展開】

ヘンクは4-2-3-1、アントワープは4-4-2で試合をスタートし、伊東選手・三好選手は右サイドハーフでの先発起用になりました。

試合開始早々13分に、ヘンクは伊東選手のアシスト、オヌアチュ選手のゴールでリードします。

対するアントワープは左SBデ・ラ・エト選手、CMFフェルストラーテ選手の得点で、逆転します。

立て続けに三好選手が今季リーグ戦初となるゴールを決め、3-1の展開で後半はヘンクが追う展開となりました。

後半69分CFのフライ選手がゴールを決め、更にリードを広げます。

フライ選手はスイス出身、190cmの恵まれた体格を持つFWで今季8試合10ゴール1アシストと、9/23現在、2位に4点差をつけ得点ランキング1位です。

スタンダールリエージュ戦では、脅威の1試合5ゴールを決め今季の得点数を大きく伸ばしています。

↓1試合5ゴールを記録した試合、ゴール前でのポジショニングがすばらしいです

対するヘンクは、ゴール前でオヌアチュ選手がDFに倒され、PKを獲得、これを自身が冷静に決め、1点を返します。

オヌアチュ選手も得点ランキング2位で今季得点数を6ゴールに伸ばしています。

左SBのデ・ラ・エト選手が2枚目のイエローカードとなり、84分に退場し、ヘンクは数的有利となります。

対するアントワープはその後3人を選手交代し、体制を整えます。

惜しくも試合終了となり、アントワープが上位同士の乱打戦を制し勝ち点3を手にし3位に浮上しました。

ヘンクもアントワープと勝ち点では並ぶものの、得失点差で5位に留まっています。

↓動画ハイライト(三好選手のゴールは2分45秒頃から)

Highlights | #JPL speeldag 5 | Royal Antwerp FC – KRC Genk

【日本人選手の評価】

◇伊東純也選手

この試合、SofaScoreのレートは7.6でした。

オヌアチュ選手に次ぐ、チーム2位の高評価でした。

キーパスの多さ(5本)とアシストが高く評価されました。

また、パス成功率も91%と、攻撃面でチームを大きくけん引しました。

◇三好康児選手

この試合、SofaScoreのレートは7.2でした。

CMFの同じく1ゴールを決めたフェルストラーテ選手、枠内シュート5本を防いだGKのジェーン選手に次ぐ3位の高評価です。

1ゴールと、空中戦に2戦に全て勝利した点で評価されました。

キーパスが0本、パス成功率が66%と若干低い点は改善が必要かと思います。

この記事をSNSでシェア!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です