ベルギー2部ロンメルSKの斉藤光毅(20)、1ゴールでロイヤル・エスクル戦の勝利に貢献

8/22、ベルギー2部第2節、ロイヤル・エスクル・ムスクロン戦で斎藤光毅はPKを獲得し、自分でPKゴールを決めました。
その後両チーム得点はなく、1-0でロンメルSKが勝利し、勝ち点3を手にしました。

ロンメルSKは1勝1敗、現在5位。
ベルギー2部は1位が自動昇格、2位はディヴィジョンAの15位とホーム・アンド・アウェーの入替戦を行います。
昨年は2部の上位2クラブは共に昇格を決め、ロンメルSKは3位で終了しました。

今季昇格の可能性が高い2部クラブのため、欧州初挑戦の斎藤選手は非常に良いクラブを選んだと言えます。
また、ロンメルSKはシティー・フットボール・グループ(CFG)傘下の新興クラブで、将来的なCFGは将来的なマンチェスターシティでの活躍も期待しているそうです。

特徴の分かるプレー集をご紹介します。

【斎藤光毅 プレー動画】

突破力のあるドリブルが強みで、シュートの思い切りも良くボールを持った時
斎藤選手はU-16からU-20迄、アンダー世代の代表に常に選ばれている将来有望な若手です。

当ブログでは、これからも斎藤選手の活躍を追っていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッカーダイジェスト 2020年10月22日号【電子書籍】
価格:610円 (2021/8/26時点)

 

楽天で購入

 

 

この記事をSNSでシェア!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です